TOP > スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルスタンダード

ドイツから日本へ。
あっという間に約3日間の研修を終え、
日本に帰国します、

さて、帰りはドイツから福岡まで約16時間。
時差を換算すると、約24時間の旅になりそうです。
これまた、おケツがカチカチ確定ですね。

さて、色々な経験をさせて頂き
沢山の学びを得ました。

気密シートメーカー視察、
超高断熱・高気密施行研修&熱ロスの実験
パッシブハウス研究所視察、
パッシブハウス講義、
ル・コルビュジエミュージアム、
芸術家建築人フンデルトヴァッサーの建築、
マイスター制度、
一般家庭の実邸のパッシブハウス視察
ホームセンター(バウハウス)
エネルギーパス制度、
ドイツの住宅展示場、等等を

約3日間で、弾丸ツアーで回り、
そこで出会った、
ドイツ人の建築家、ドイツ建材メーカー様などから、
とても有益な建築知識を学ばせて頂きました。

一般の方にはかなりマニアックかもしれませんが。。。

この学びから
今まで自分たちがやってきた方向性を
再確信する事ができました。

例えば、
私達が取り組んでいる高性能住宅。

施行の行い方、使用する断熱技術は多少、
国の建築資材によって違えど
考え方は、まったく同じものでした。

そして、マイスター達による
地域密着型の施行&アフターを行う
地域の工務店ビルダーは、
私達の目指している
「この地域になくてはならない存在になりたい」
というものを彷彿とさせました。
※よくセミナーでも話しているのですが、
ドイツを含め、海外には日本のような
気候も風土も違う、大きなエリアを展開する
住宅会社というのは存在しません。
地域密着の工務店が、その土地の風土に合った
施行を行い、地域密着で
アフタフォローを展開するスタイルです。


エネルギーパス制度。
住宅の性能、いわゆる車で例えるならば燃費を
1棟1棟、車検証のように見える化し、
その住宅を数値根拠で良い住宅かどうかを判断する。
また、それが中古住宅などの価格に反映される。
これは、私達が今、高性能住宅に対して
Q値、C値の測定・証明を義務化している点、
中古住宅のインスペクション(建物診断)を行い
断熱、耐震診断を行っている点とシンクしました。
※日本はこの住宅の燃費という問題が、
悲しいかな、消費者方にはあまり認知されていません。
これは消費者の方の責任ではなく、
住宅業界の責任です。


みなさん、
車を買う時には、
デザイン、乗り心地、燃費、耐久性、アフター、コスト
等を考えて買われますよね。

住宅を車の購入で例えるならば
・デザイン=デザイン
・乗り心地=使いやすい効率的な間取り、プランニング、性能
・車両価格=最初の建築費
・アフター&メンテナンス=アフター&メンテナンス
・燃費=性能、光熱費
・耐久性=性能、将来のコスト
この住宅の燃費と、耐久性という事に関して
こと、日本においてはあまり重要視されていません。というか
ここが最も大切な、
快適性
耐久性
光熱費
資産性
それに伴う、生涯の住宅コストを
左右する大きな根幹の部分等のですが
住宅業界が、消費者の方々に対して
浸透と、説明が上手くできていません!
なので日本の住宅耐用年数は
先進国で世界最低だったりします。


悔しいですが、この現状をふまえ、
この地域に対して、
そして一人でも多くの方に
弊社セミナーや見学会でのお客様との出会い等を通じて、
その価値観を浸透させていきたいです。

住宅の耐用年数がとても高く
中古住宅のインスペクション(建物診断)が盛んなアメリカを昨年視察。
そして、超省エネ住宅ドイツを今年視察。

この2カ国を見させて頂いて
弊社が目指すべき姿が決して
グローバルスタンダードから
大きくずれていない事を確信できました。

これからも、
この地域で、世界に誇れる建築・不動産、
そして住生活全てのサービスを展開していきたいです。

そんな思いで、
ドイツを今から出発します。

では!

写真はバウハウス(ホームセンター)

201302091.jpg

201302092.jpg

パッシブハウス研究所
201302095.jpg

絵描きでもある
芸術家建築人フンデルトヴァッサーの建築
このおっさん、かなり直線が嫌いらしく
曲線で建物が構成されています。

201302093.jpg

201302094.jpg

パッシブハウスの町並み2枚
見学途中にいきなり猛吹雪!

201302097.jpg

201302096.jpg


弊社で今度3月に
唐津市唐房で見学会させて頂く家に
偶然にもかなりクリソツな
側面ファサードの住宅を町中で発見!
私、結構ドイツ人と感性が似てる?

201302098.jpg

丘の上からのドイツの町並み。
またいい感じで、笑顔がキモいです!
ありがとうございます!

201302099.jpg

ではよろしくお願い致します!!









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。