TOP > スタッフブログ

高校生からのメッセージ

先日、SNSを通じて、
熱い高校生からメッセージが来た。

>私は、オーストラリアにファームステイをしに10月行きます。
>そこで、質問ですが、ファームステイをして、学んだこと、
>自分を大きく成長させてくれたこと、
>それをいかして帰国後していることの、3つをよければ教えていただけませんか?

面識がないにもかかわらず、
かなり、単刀直入で直球な質問だったが
こういう人は案外嫌いではない。

以下、頭をひねって返したメッセージ。
はたして、高校生に思いは伝わったか・・・。

社会人時代、私の師匠であった人の言葉をミックスし、
自分なりにかみ砕きながら筆をとりました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

○○さん

メッセージありがとうございます。
素晴らしい挑戦ですね。
応援しています。

ファームステイも海外への放浪も、
仕事やプライベート生活、
学生生活でもそうですが、
新しい経験をすることは
国内、海外の場所を問わず、
全てにおいて
学びになると思います。

そして、その学びは、
全てにおいて自己の成長につながっていると思います。
楽しかったことはもちろん、辛かったことも。

なので、私は学んだことが沢山ありすぎて、
どれも自分の中では大切な要素であり、
正直、学んだことは「コレとコレです!」
という上手いピックアップができません。

帰国後、世界で学んだ広い視野、
チャレンジ精神、そして好奇心を大事に、
大学生活、社会人生活を過ごし、
現在は自分でビジネスを営んでいます。
おかげさまで仕事のほうは、
社員みんなの努力や、お客様のおかげで順調です。


今、社員のみんなにも伝えているのは
「できること」can
「したいこと」want
「すべきこと」must


この3つを重ねた生き方をしよう。といっています。
海外には、ワーキングホリデーや留学、
放浪などを行っている多くの日本人がいます。


悪い言い方をすると、
「したいこと」だけを求めて、
自分探しの旅を続け、
海外に滞在しているモラトリアムな
日本人は非常に多いです。
これは大変失礼な言い方かもしれませんが、
自己満足でしかありません。


多くのチャレンジをし、
自分の「出来ること」を増やし、
いろいろなものを見て
「やりたい!」という好奇心を高め、
そして、自分が世の中から求められる
「すべきこと」を見つけ出し、
そして行動して実行し、社会貢献していく。


こうすれば、自分が人生を楽しく生きることができ、
そして社会から求められていることを行い、
人々を幸せにしていける。


そんな風に思っています。


ご質問の素直な回答になっていませんが、
私が思っていることを書かせていただきました。

長文を最後までお読み頂き
ありがとうございます。

頑張ってください。
応援しています。心から。


栗原孝太郎


rinen1.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad