TOP > スタッフブログ

N様邸見学会終了!

N様邸の見学会が無事終了しました。

非常に沢山のお客様にご来場いただき、
本当に嬉しかったです。

そしてありがたいことに
お褒めの言葉を沢山頂きました。

「唐津の会社でこんなデザインができるんですね!」
という声が、ダントツで多かったです。

デザインセンスを誉めていただいたので
恥ずかしながら恐縮しました(笑)
でも本当にありがとうございます。

そして今回はインテリアもコーディネートしたので
ディスプレイしたものを誉めていただき嬉しかったです。
お施主様も「これ全部購入したい」と
非常に気に入っていただきましたので(笑)
感謝の意味を込めて、インテリア用品を
プレゼントさせていただいたところ、
お施主様もとても喜んでいただけました。

また、最近は弊社の住宅でほとんど取り入れている
レグナアルタームさんとコラボしたオーダー家具も大変好評でした。

そして、私が個人的に一番嬉しかったのは、
「家全体が暖かい~」という声。

そうなんです!

デザインを誉めていただく事もとても嬉しかったのですが、
家で一番大切なのは、断熱と構造です。

ここは、後からでは絶対変えることが出来ません。

そして、断熱や、構造は、素人である、一般のお施主様には
キチンと説明しないと、とても分かりにくいものです。

でもこの部分が、快適性、安全性、そしてランニングコスト
メンテナンスコストに大きく関わってきます。

特にコストに関しては、断熱&構造性能を良くしたほうが
トータルで施主様が家に支払う費用は間違いなく安くなります。

また快適性も、ビックリするぐらい違います。

一番大切な事が、一般の施主様に
非常に分かりにくい構造になっているのが
現在の日本の住宅業界。

住宅性能が良い会社ではなく、
広告宣伝がうまい会社が選ばれている現状があります。

そのため、日本の住宅のQ値やC値等の性能レベルや
耐久寿命は先進国のなかで最低です。

35年のローンを組むのに、30年でダメになる住宅をつくり
スクラップ&ビルドが繰り返されています。

民主党もこれではいかんと、やっと重い腰を上げはじめました。

本当に良いものを、コストパフォーマンス良く作っている会社が
評価される時代になってほしい。

しかし、先ほど述べたように今の日本の住宅業界は
住宅性能が良い会社よりも、広告宣伝がうまい会社が選ばる傾向です。


弊社としては、そしてハウスオブザイヤーを3年連続受賞した
スーパーウォール工法等を追求していき、
住宅の性能をもっともっと高めていく。

また、広告宣伝も工夫して、一人でも多くのお客様に
断熱材と、構造の大切さ、コストパフォーマンスの良さを
伝えていきたいと思います。


そして、それにデザインをプラスして
本当に良質で魅力ある住宅を作っていきたいと思っています。



ふぅ・・・。久々に熱く語ってしまいました(笑)



最後に・・・
N様、本当に見学会を開催させていただきありがとうございます。
これからも一生のお付き合いよろしくお願い致します。
(写真はN様から頂いたプレゼント。本当に感謝です!!)


h-pre.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

本当に素敵なお家でした。感動しました!孝和建設さんのようにお家をただただモノとして売るのではなく、そのお家に長く住まれることになるご家族の住み心地まで考えられているところに共感します。それにしてもあのお家に住まれるご家族が羨ましいーっ!

まちしさん>
コメントありがとうございます。
昨日は、プライスレスな体験を
ありがとうございました。

以前から気になっていた、
森みわさんの本も早速読んでみます。

住宅性能ではなく、ブランド先行型で、
先進国で最低レベルまでになってしまった
日本の住宅性能。

僕たち地場ビルダー、
そしてメーカーさんの力をかりて
ドイツに負けないくらいの
レベルに高めていきましょう!!

鳥取視察、楽しみにしていますね!!
プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad