TOP > スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたい。

恥ずかしいことに、先日、弊社の建築現場である
周囲の方からクレームがでてしまった。

急いで、担当職人と、建築士、私と3人で、
憤慨されているお客様のところにお伺いした。

内容をじっくり聞いてみると、
弊社の建築に対する配慮のなさを厳しくご指摘いただいた。

どうしても、建築というものは
音の問題であったり、近隣の方にご迷惑をおかけすることが多々ある。
その配慮は行っていたつもりだったが、
このお客様の求めるレベルに弊社は達していなかったようだった。

お客様に対し、謝罪を行い、
今後どうするのかということを具体的に報告します。
ということを伝えた。

次の日、急いで、緊急会議を開き
社員、職人、関係業者、約40名程度を集め、
どのように会社として対処をするかということを話し合った。

結果的に、今以上に現場に対するレベルを上げていくことに決定。

現場の管理意識の徹底、
会社の費用を投じての現場マナーアップを
さらに強化していくことで合意した。

施主様にも、今回の件をご報告し
「大変申し訳ございません」ということ、、
「大変ありがたい勉強をさせていただいております」ということを
お伝えし、ご了解を得ることができた。

また、ご意見主であるお客様には、再度訪問し、
会社の今後の改善点を文章にまとめ、お伝えし、ご理解をいただいた。

そして、せめてものおわびということで、
昨日、朝から社員全員、その地域の溝掃除を行わせていただいた。

終了した後に、周囲のご近所を訪ねると、
ありがとうございます。という声をたくさんいただいた。

そして、ご意見主であるお客様を訪ねると
「ここまでしていただいてありがとうございます。」という
逆に感謝のありがたいお言葉をいただいた。


弊社は、決して100%の会社ではない。
しかし、お客様の声に真摯に耳を傾け、
一日、一日、少しでも良くなっていこうと考えている。

このように、会社にありがたい意見をいただいたご意見主様。
本当に本当にありがとうございます。


そして寛大な心で見ていただいた施主様。
先日別れ際に、今回の件も含めて、
「良い家をつくっていただいて本当に満足しています」とにこやかに
言っていただいたあの言葉。

決して決して、忘れません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。