TOP > スタッフブログ

私達の私達らしい泥臭い進化、挑戦、創造


今年も残すところあとわずかですね。
昨日で弊社は仕事納めでした。

朝起きて、今このブログを書いています。


2014年は振り返ってみれば
お客様、スタッフの皆、パートナー職人さん
家族、そして全ての皆様のおかげで会社が
大きく成長させて頂き、
2015年は大きな転機の1年になりそうです。

長文となりますが、
以下、思いを記します。

おかげさまで
会社は建築、不動産と共に
15億円を超える企業にまで成長させて頂きました。
建築は無借金経営を今も継続させて頂いており
お客様やスタッフ、パートナー様に対して
胸を張って、潰れない安心感を提供できる
会社の財務体質になったと思っています。

そして7年前に私が東京から帰省したとき
4名だった社内のスタッフさんは
今や30名ほどになりました。


さて、このような状況下で
経営としては家業から企業へなるべく
この1年は大きな転換を経営者として迫られました。


この1年、組織化を図り
成功も、失敗も経験し、
自分なりにたどり着いた結論があります。

全社グループの忘年会で、
パートナー様の前でその思いを発表させて頂きました。


「私達はハウスメーカーになる必要はない。
 地域密着型の工務店であるべきだ。」


経営理念である
FIVE STAR EMOTION
そしてビジョンである
「この地域になくてはならない存在になりたい」
という思いの元、
僕たちは生産性だけを追い求め
家を量産するようなスタイルであってはならない。

1件1件に、家族の命をかけた思いがそこにあり
そして、私達に託して頂いている。

その託して頂いた思いとは何か?

私達と、楽しく、ワクワクしながら
感動できる家づくりをしたいということではないか。


建築×不動産で地域に対して
個性的で挑戦的なチャレンジを行う組織風土。

元気で陽気なスタッフが、お客様とガハハと笑いながら
楽しく打ち合わせをさせて頂くスタイル。

お引き渡しの時に自分たちも感動できる
家1件に対し、思いや信念や誓いを込めた
決してスマートではないけれど
私達らしい泥臭いお客様との関係性の作り方。


ハウスメーカーになる必要はない。
そしてなろうとも思わない。
そこに僕らが求める感動はない。


お客様が僕らに託して頂いた思いを実現できる
体制はやはり、工務店というスタイルだと。


この数ヶ月で僕らのスタイルを再発見させて頂く
お客様にありがたいことに沢山出会いました。


スタッフが仕事で感動して涙を流している姿を見ました。

それを見て、涙して頂くお客様の姿も見ました。


私事ではありますが、先日12月25日に
上棟式をさせていただいたN様は
実は7年前に、私が東京から帰ってきて
右も左もわからないまま状態の私の
人間性を信じてくれ、お部屋家捜しを託して頂いた
不動産の賃貸のお客様でした。

当時、お付き合いをされていたお二人は
その後、ご結婚され、素敵なお子様二人にも恵まれ
そして、家を持つという考えに至ったとき
弊社を再度、選んで頂きました。

あのときの泥臭い一生懸命さがあったから
再度、この人間に託そうと、ご縁を頂いたと、
上棟式の飲みの席でお言葉を頂戴しました。

嬉しすぎて、感動しすぎて、お客様にも飲まされ、
大工さん達からもがんがん飲まされ、
ベロベロに酔っ払ってしまった一日でした(笑)


それもまた良し。
それもまた、私達のスタイル。


僕たちらしい家づくりを再発見できたこの数ヶ月。


スタッフを全員集め
全社会議でも話しましたが
この組織を、必要であれば、進化させる
そして時には、壊す勇気も必要。

2015年。
この組織を大きく変えていきます。

やるべき事は見えた。
お客様に気づかせて頂いた。


お陰様で財務体質は健全です。
潰れない安心感は
銀行様のお墨付きで胸を張って証明できます。

同時に、この会社の規模のパワーを使い
僕たちらしい、挑戦や
スタイルに大きく投資をしていきます。

ワクワクするプロジェクトも随時
年明けからどんどん発表していきます。

同時に、この投資により
地域の皆様に対して、ワクワクする夢や
住まいの可能性を広げることが出来るような貢献をしていきます。

また、工務店として
アフターに対しても今以上に大きく投資をします。


そして何より、
お客様がワクワクし、感動して頂ける
家づくりに対して、全社で
変化、進化、挑戦。
そして時には、破壊、再構築、創造と
ワクワクと感動と私達らしい地域から
応援される挑戦する姿勢をキーワードに
2015年、進んで参ります。

スタッフには大きな負荷をかけますが
私の思いに共感してくれています。
そしてそんな家づくりが自分たちもしていきたいと
自ら言葉を発してくれています。

2015年
私達の私達らしい
泥臭い進化、挑戦、創造を楽しみにしていて下さい。


皆様、良いお年を。


PS
写真はフォトスタジオイノウエ様に
テストショットで、ぱぱっと撮って頂いた写真。
私が大好きな会社様のPlan Do See様のお仕事も
されていると言うことで、さすがです。

まずは年明けにスタッフ皆で
私達らしく、ちょっとお馬鹿もあるかもだけど
熱い魂をもった泥臭い一生懸命さと
お客様まで巻き込める、スタッフ一丸となった協働と
明るさをを表現できる皆の集合写真を撮ろうぜ!
と盛り上がっています。

あと、不動産スタッフが
アップしてくれた忘年会写真も。
年を忘れるほど飲みました!
2次会以降はお見せできません(笑)


201412286.jpg

201412285.jpg

201412281.jpg

201412284.jpg

201412282.jpg

201412283.jpg

201412287.jpg




男泣き、もらい泣き


お疲れ様です!

もう今年も残りあとわずかですね。

昨日、弊社スタッフ村田が担当しているM様の
お引き渡し式でした。

M様は村田が現場監督から営業となり
はじめて、最初から最後まで
担当させて頂いたお客様。

本当に村田を温かく迎えて頂き
信頼し、託して頂いたM様。

お引き渡し式がはじまる早々に
そこには泣いているやつが・・・。



201412091.jpg






男泣き、村田の背中。




それを見たM様ご夫妻も、感極まり大号泣。



201412092.jpg






それを見た、私も、
アフター巡回スタッフ北方も
つられて泣いてました。



村田の日報にはこんな一言が。


「自分はこんな事がしたかったんだと心から思いました」


それを会社で見て、また一人でうるっとくる私。


そう。
私達の仕事はこんなにも感動できる
素晴らしい仕事。

同時にお施主様から託された思いも
生半可な物じゃありません。

工場生産ではない
手作りの家づくりは色々な事があり
本当に大変ですが、
こんなに感動できる仕事は
他にはないと胸を張って誇れます。

M様が涙ながらに
「本当にありがとうございました。」
とおっしゃっていただきました。

こちらのほうこそ家づくりを託して頂き
本当にありがとうございます。


そしてM様から
「村田さんで良かった」と言って頂けました。
経営者として本当に嬉しい言葉です。


人が育ってきています。
この会社は、素晴らしい花を咲かせる
メンバーばかりいると思っています。


それを育てるのも経営者の私次第。
楽しみでもあり、重責でもありますが
彼らの成長を見届けていきたいと思います。


企業は人なり。


さぁ、感動できる家づくりへ向けて
スタッフと共に、全力で進んでいきます。






プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad