TOP > スタッフブログ

最近の徒然1219

【勉強会in孝和建設】

九州各県から
建築業の若手経営者の皆様が
わざわざ弊社までご来社いただき、
事務所等をご見学していただきました。


これからも、日々精進を続け
色々な皆様が「見学したい」と言っていただけるような
会社になっていきたいと思います。

zeronokai.jpg




【partyでの出会い】

先日、とあるパーティにお招きいただき
参加をしてきました。

福岡のTV等に出演していらっしゃる
著名な方々が集まっていらっしゃり、
面白いパフォーマンスも沢山でした。

まずは、仕事仲間の藤田君とパシャリ。

kotarofujita.jpg


見事なマジックを見せてくれた
マジシャン小川さん。

ジャケットにひらがなで
「あるまーに」と書いてあったの最高にツボでした。

t02200330_0800120010923649018.jpg



美しいフルートの演奏を
聞かせてくれたくみさん。

「情熱大陸のテーマ」最高でした。

t02200330_0800120010923650489.jpg



そして一番圧巻だったのが、
K-MENSの皆さん。

190cmの長身韓国モデル軍団。

びっくりする位にオーラがあり
カッコよかったです。

o0800053310923654813.jpg


DANJO K-men's

さてさて、この楽しさをみなさんに伝えるべく、
来年のオーナー様感謝祭で
子供から大人まで楽しめるマジシャン小川さんを
ご招待しようと思います。

ご期待下さい!!



【佐賀県主催バス見学ツアー】

先日見学会をさせていただいたS様邸を
佐賀県主催のバスツアー見学会の
唐津会場に選んでいただき、
沢山の方がバスで見学にいらっしゃいました。

地元唐津の方、そして唐津市以外の方も沢山いらっしゃり、
弊社の住宅を見ていただきとても嬉しかったです。

buskenngaku1.jpg
buskenngaku2.jpg

見学者の方がとても多く、
玄関に靴がとても入りきれないほどでした(笑)

感謝です!!

starting over


昨日、12月8日はジョンレノンの命日。

今、もし彼が生きていたら、
どんな生き方をしていただろうか。


この世の中をどのように歌ったのだろう。

そんな思いにふけった一日。

d0117645_20585435.jpg

NOという勇気

「NOという勇気」

完成見学会に多数のご来場ありがとうございました。
師走で忙しい中、約150名のご来場がありました。

本当に感謝です。

また、今週も事前予約制で、夜間の時間帯も見学が可能ですので
お気軽にお問い合わせください。

月曜日と本日も、数組をご案内したのですが、
やはりサービス業などで、土日は都合がつかない方も多いみたいですね。
次回も、平日の事前予約制を検討します。




さて、以下、我々建築業界人の中では超有名な
S社の社長のコラムを読み、感銘を受け
筆を執ったコラムです。
以下のような内容でした。

「NOという勇気」



上記のコラムを読んだ自分なりの思いを以下に綴ります。
ともすると、御不快な思い、反論を感じてしまう文章かもしれません。
個人の一意見としてご了承いただければ幸いです。





さて、私は建築業という職種がら
色々な住宅を見させていただいております。

その中で、最近思うことは、
「お客様の要望通りの家は、必ずしも良くない」ということです。

ある、他社様の完成見学会に出席させていただいた時のこと。


その「注文住宅、自由設計の施主様の要望通りの家」は、大変失礼ながら、

全体のバランスがとれていない結果、美しくなく、
使い勝手、快適性共に、とても悪そうでした。

「どうして、こんな風になっているのですか?」と営業の方に
質問したところ、「施主様がご希望したからです。」との事。

「どう思われますか?」と聞いたところ
「いやぁ、正直見た目も、使い勝手もどうかと思います。
でも施主様が希望されたことですからね。」との事でした。

私はその時、言いようのない不思議な気持ちを覚えたのです。

私達は、注文住宅というものをお客様に提供していますが、
「お客様ははたして、的確な注文が全てにおいてできるのか?」
という一つの疑問が浮かんだのです。

お客様は、生活体験は積み重ねていらっしゃいますが、
大半の方が家を建てた経験がありません。
もしあったとしても1~2回程度が限度です。

そのお客様が要望されるものは、
必ずしも全て採用する必要がないものがあります。
そして、逆に、重要性を感じていらっしゃいませんが採用すべきものもあります。

その時に「NO!という勇気」が必要になってきます。

正直にいえば、NO!という事は非常にめんどくさいです。

NO!というからには、なぜ、それがやめた方がよいのか?
を具体的に詳細に伝える責任義務が生じます。
またその責任を持って、それ以上の提案をすることが求められます。

要望をそのまま聞いて作る方が、よっぽど簡単です。

しかし、日本ではそのようにして、「建てればOK」という営業の考え方主体で
住宅建築が進んできた結果、そのような家は、美しさ、機能面、快適性など
事欠いていることが少なくありません。

例を上げるならば、30年でダメになる家づくりを進めてきた
過去の、日本の建築業界の負の歴史がそう物語っています。

「建てさえして利益をもらえばよい」という概念を捨て、
お客様が、本当に得をするような提案をしなければならない。

得をすることは、施主様はもちろん、第三者の人が見ても「あぁこの家、良い家だな」
と思う家づくり、つまり主観的&客観的な建築物の評価を高め、
不動産の資産価値としても高めていく事をしなければならないと思っています。
そのためには、美しさ、機能面、快適性などが非常に重要です。

私は、プロとして必要なもの、必要でないものを提案する義務があります。
「要望を聞くだけではない」提案型のこのスタイルは、非常に能力が求められます。
建築の経験値を社員皆が高め、お客様に適切に説明する能力を高め、
施主様はもちろん、第三者が見ても「良い家だな」と思っていただける
家づくりを進めていきたい。

そして願わくば、この価値観に賛同していただくお客様が自然と集まり、
営業しなくても、お客様に集まっていただく会社になりたい。

・・・正直、家にアポなしで訪問して、ガツガツやるのは、
私がやられても嫌ですし、自分もやりたくありません(笑)
そして弊社で建てたくもない人を、無理に受注しようとは思いません。
よって、弊社ではそのような営業スタイルは禁止しています。

プロとしての提案をキチンと行い、第三者が見ても「いい家」という建築物を
一つ一つ丁寧に作って行けば、きっといつかは、そんな理想の会社に
なれるのではと思い、今、社員ともども努力している最中です。

最後に、NO!ということは、「考えを押し付けること」ではありません。
ただ要望を聞くだけではなく、時には、その要望に対して別の提案を行い、
違った角度からの気づきを提供し、そして施主様に判断していただく。
そのような、「考え方を伝えること」だと思っています。

施主様の意見に対し、こちらの意見を提案するのは、非常に能力を求められます。

私達は、プロとして、お客様の要望を念入りにヒアリングを行い、かみ砕き、
全体をチューニングしつつ、時には積極的にこちらからも提案を行い、その要望を解決し、
美しく、機能面で、快適性の高い、
「お客様の要望通りの家」ではなく「お客様の要望以上の家を作っていく」
そんな必要があると思います。



幸いなことに、今回の見学会をさせていただいたS様より
「要望以上の仕上がりでした。」という、本当に嬉しい声を頂きました。

最高の誉め言葉です。

このような仕事を今後も、一つ一つ、丁寧に続けていきたい。

そうすれば、
「この地域になくてはならない存在になりたい」という弊社の理念に
きっと近づけると思います。

栗原 孝太郎


S様邸見学会開催

12月4日(土)~12月5日(日)に完成見学会を開催します。

詳しくは、以下をご参照ください。

今年最後の見学会となります。

ご期待下さい!!

※なお、12月6日(月)~12月12日(日)は
 事前予約制にて、見学が可能です。
 夜の見学会も可能ですのでお気軽に!!



1202house.jpg


1202house2.jpg








以下、日々の徒然です。
ネタがたまっております・・・。




【表彰式in東京】

表彰式が終了しました。
弊社としては、前年度からの成長を評価していただいた形になります。

1000人を超える人々が見守る中、表彰台に上がり、

「この結果は自分だけでできたものではない」

という強い思いがあったため、
表彰台に、弊社の勇二さんを呼び、
彼の首にメダルをかけてもらいました。

勇二さんをはじめ、社員、そしてTeam KOWAのメンバーがいたから、
そして、一棟一棟の大切な施主様がいたからこそ
達成できた結果だと思います。

本当にありがとうございます!!

※写真はプロのカメラマンがとったものを後日UPします。


そして、表彰式では、こんなサプライズが・・・
同じく表彰されたO社様のお施主様がサプライズで登場!!

このお施主様は、気象や防災関係のお仕事をなさっており
住宅の快適性や耐震性にはかなりハイレベルを求められていたとの事。

そのお施主様が、

「本当に快適で素敵な家を建ててもらった・・・」

との言葉の後に、言葉を詰まらせ、
溢れんばかりの涙を流されました。


それを見た、O社長が涙し、
私を含め、会場の多くの人が涙しました。


こんな素敵なお仕事をさせていただいていることに
再度感謝です!!






【鹿児島へデザインの勉強に】

鹿児島まで、車を走らせ、デザインの勉強をしてきました。
自分の発想力が更に高まった今回の旅。

そのキッカケをくださった、S様。

本当にありがとうございます!!

素敵な家を作っていきますので、よろしくお願い致します!!






【美容室SOLERA by SHAMPOO BOY】


福岡西通りにある美容室
SOLERA by SHAMPOO BOYの
オーナーであるSHOUJIさんと店長の中野さんと
お食事に行ってきました。

header.jpg



SOLERAさんは
激戦の美容業界で最先端を突っ走っていらっしゃる企業。
毎回、顧客サービスを勉強させていただいているんです。

今回も、本当に勉強になり、
そして何よりとっても楽しかったです。

また年内にもう一回行きましょう!!


みなさんも、もしよろしければお店にも遊びに行ってみて下さい。
auのCMでおなじみのLADY GAGAの、
ヘアオイル「モロッカンオイル」のヘアケア、
炭酸ヘッドスパ等お勧めですよ。

imageaa.jpg


「モロッカンオイル」
http://www.moroccanoil.com/index.php


数多くの有名人がご来店される店なのですが、
この最近では、
・噂の福岡市長、高島元アナウンサーの選挙ポスターのヘアカットとか、
・BECKや龍馬伝で有名な桐谷健太さんとか、

中でも、一番驚いたのは・・・

・佐藤かよさん。


私、正直、佐藤かよさんの事は知りませんでした。


kayosato.jpg



めっちゃ可愛いです。


最近、男性であることをカミングアウトされ、
堂々と女性としてのモデル活動、
タレント活動を積極的に行われています。


佐藤かよ


最近は超多忙のようですね。


そんな佐藤かよさんとコラボしているSOLERAさん。

やっぱり凄いっす。


SOLERA by SHAMPOOBOY


【ノートルダムマリノア】

友人の結婚式で噂の結婚式場「ノートルダムマリノア」に行ってきました。


ロケーションに癒され、建築の勉強にもなりました。

友人のR、本当におめでとう。
幸せを願っています。

俺一応、夫婦の先輩やけん、敬うように。


あ、それとモナコのお土産よろしく(笑)


mari1.jpg

mari2.jpg

mari3.jpg


ノートルダムマリノア


【アバクロへ】

結婚式で全国から集まった、友人達と
久々の再会後、これまた噂の天神西通りのアバクロへ行ってきました。

o0480064310853895200.jpg


・・・

この店半端ないっす。


店内入ると、冬なのに上半身裸のイケメンおるし、
店員さん、みんな店の中で踊ってるし、
変な外国語の挨拶されるし、
本当に驚きっぱなしでした。

入り口での一枚。


1202 013




店員さんがポラロイドもってって
「オシャシン、ドウデスカ~」といって
写真撮ってくれるんですよ。


【結婚式のビンゴ大会での奇跡】

2次会では恒例のビンゴ大会。
あの日は、私に神が降臨していました。

まず、ビンゴで、早々とビンゴし、
景品のクジを引いたならば、
一番目玉商品のi-pod nanoをあて、
司会から「孝太郎、空気よめん~」との
ブーイングの一言から、
会場から、「返せ」コールが勃発。

芸人として、i-pod nanoを返し、
再度景品のクジを引くと
最悪の商品、「トイレットペーパー」を当てる。

この時点で、最高のオチを演出し、
自分のクジ運を誉める。

その後、会場の雰囲気で
i-pod nanoは、じゃんけん大会の景品に。

そして、なみいる亡者をけちらし、
じゃんけん大会で勝利。

見事、i-pod nanoを再ゲットしたのです。

あの日の、運の引きは、神がかっていました。





【リクルートの雑誌に掲載】

リクルートが発行している
福岡・佐賀の注文住宅に掲載をはじめます。


部署は違えど、
私に社会人としての基礎を教えてくれた会社。


その会社の媒体に掲載するとは、
本当に夢にも思わなかったです。


掲載までの思い入れもとても深く、
自分の満足のいく、会社の体制が整うまで待っていました。


今は、現場のレベルも非常に高くなってきました。


おそらく、この地域のビルダーでは、
現場のマナーや、現場の安全管理、お客様を迎える体制等は
地域No1といっても過言ではないほど、
社員一同、そしてTeam KOWAのメンバーも頑張ってくれています。


そんな中、満を持して、掲載です。


発売は12月23日(水)ですのでお楽しみに。


前担当のIさん、
新担当のHさん、
ライターのFさん、
カメラマンのFさん、

本当に色々とありがとうございます。

感謝です・・・。

プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad