TOP > スタッフブログ

美容室の設計

美容室の設計を開始しました。

パースなど、順次UPしていきたいと思います。

ロゴデザイン、内観、外観、
売り上げシュミレーション、
資金アドバイス、
経営アドバイスなど

不動産、建築、デザイン、経営と
総合的にサポートすることになりました。

とても楽しみです。

築20年。

タイトルの通り、
築20年になる在来工法の木造住宅の仲介をさせていただくことになりました。

物件の調査で、床下、天井裏、畳の裏側など隅々まで調べましたが
傷んでいる部分は特にありませんでした。

この物件の品質の高さ、
施工した大工さんは腕の良さが感じられます。

「海の見える家」棟上

東唐津のS様棟上が無事に終了しました。

3月に完成する予定です。

2Fからのリビングから唐津城が綺麗に見え、
日々の生活に爽快感を与えてくれます。

さぁ、今からインテリアの詳細な施工!。

ブラウンを基調とし、やわらかい照明で包んでいくコーディネートです。


ギター

久しぶりにギターを弾いた。

うーん、sus4とadd9等の変なコードの響きが好きです。

そういえば、ギブソンから
自動チューニングギターが発売されたそうです。
凄い世の中になったもんです。

ドラムも叩きたくなってきた。
スタジオに近日中にいこう。


topd45b.jpg

熊本に出張

本日は熊本に出張で、
とても勉強になった一日でした!

M社のM様
A社のH様、

本当にありがとうございました。

在来工法の耐震性

古来から伝わる木造在来工法。

歴史的建築物など何百年も、災害などを経て
既存していることで、その耐久性はやはりすごいと思う。

今、世の中には100年保障などとうたう製品が多く流通している。

データの根拠も大切だが現実の歴史で数百年間の時を経て
その姿を今も残している在来工法。

考え出した、日本人の知恵に敬服。


PS
面白い動画映像を発見。
在来工法が阪神淡路大震災の震度に耐えている様子。
要は、どのような工法でも施工者の技術の高さと、手抜きなどの偽装をしない
施工側のモラルが地震大国日本に必要だ。

在来工法耐震実験

新築祝い&棟上

I様邸の新築祝いにお誘いいただきました。
ありがとうございます。

元気な子供達がたくさんいて
とてもにぎやかな新築祝いでしたね!


kodomo.jpg



またS様邸の棟上おめでとうございます!
たくさんの人々がいてとても盛り上がりました。
お父さんと、子供さんの協力してモチをまく姿は
とても感動的でした!




oyako



mune.jpg

住宅ローンアドバイザー

弊社の社員が
住宅ローンアドバイザーの資格を取得しました。

お客様が住宅ローンに抱える不安を解消すべく
彼女を筆頭に、今以上に社員一丸となって
住宅ローンに対する意識、
アドバイス体制を高めていきたいと思います。



aaa


COWTV

昨日は学生時代にお世話になった
COWTVの高橋さんと電話で久しぶりにお話しました。

僕がお手伝いさせていただいていたときは創業期。
それから数年が経過していますが
事業の成長も順調で
どんどん面白いビジネスを展開されているようです。

モチベーションが上がった一日でした。

また、事務所に遊びに行かせていただきます!

main-img.gif


CADの機能追加

お客様に今以上に分り易く、
ワクワクするような面白い提案が出来るように、
また建築基準法改正に伴った業務の効率化のために
CADの機能を色々追加しようと思っています。

本日、午後からメーカー様が来社される予定です。



topimage.jpg

新成人の皆さんおめでとうございます。

今日は成人の日ですね。

私事ですが、私の弟も今年成人になりました。

まだ、将来何をしたいのか、色々悩んでいるようですが、
一度きりの人生。

自分がワクワクし、
人の幸せに貢献できるような生き方をしてほしいなと思いました。

成人式、おめでとう!

111.jpg

店舗デザイン

店舗をデザインしています。

従業員と、お客様と二重の動線を考えなくてはいけません。

これが、難しく、また面白い仕事です。

tenpo.jpg


農業振興地

先日ある人から
「妻がガンになって治療費を払えない。
治療費のために田んぼを売ろうと思うのだが売れない」
と相談を受けました。

聞けば、その田んぼは農業振興地域に属していました。
農業振興地域を売買するには
まず農業振興地域から除外する必要があり
以下の4つの用件を満たさなければなりません。

① 農振農用地以外の土地をもって代えることが困難であること。
② 農用地の集団化、作業の効率化等、土地の農業上の利用に支障を及ぼすおそれがないこと。
③ 農用地区域内の土地改良施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
④ 土地改良事業等を行った区域内の土地に該当する場合は、事業実施後8年を経過している土地であること。


今回のケースは
①、③、④は満たしており
残る問題は②でした。

私たちも何とかお手伝いしたいと思い
周囲の田を工作している方に同意書などをもらいましたが
それでも除外できないとのこと。

除外できない理由がないのになぜダメなのか。

また農業振興地の除外はかなりグレーな部分です。
最後は行政の担当者の方の機嫌と賄賂しだいという噂も流れるくらいです。


「田の保全も日本国のために必要ですが、奥さんの命にかかわる問題なんです。
適用要件を満たしているのでお願いします」と
必死に訴えましたが、結果はダメでした。

このような問題は
適用要件を満たしていても、
行政の方の気分やサジ加減で結果が変わります。

人の命に関っている問題。

行政の担当者の方の素早く公正な判断を願います。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

さて、2007年度は自分にとっても大きな転機の年になりました。
サラリーマンをやめ、自らのビジネスを経営するという立場にかわり
物事の見方も大きく変わりました。

サラリーマン時代とも共通していえるのは
「仕事が楽しい」ということです。
自ら経営を行っている今、楽しさはさらに増しています。
どうも根っからの仕事人間のようです(笑)

今までになかった質の高い不動産サービス。
心が躍る建築デザインなどをこれからもどんどん提供していきます。


「仕事が楽しいと人生が楽しい」

これからも、面白い仕事をしていきます。



2008.1.1 
栗原孝太郎




プロフィール

栗原 孝太郎

Author:栗原 孝太郎
「この地域になくてはならない存在になりたい」

最近の記事
twitter
月別アーカイブ
カテゴリー

Powered by FC2ブログ

FC2Ad